The ばっくぱっく

平成生まれのアラサーです。SONYのα7iiで世界一周するのが夢です。カメラ、ガシェット、漫画、映画好き。

ゲーマーがソシャゲを嫌う理由

みなさん、こんにちは。

最近、ソシャゲを再開したんですが

やはりゲーマー(にわか)である僕は

あまり好きになれませんでした。

今回はいろいろ人に聞いたり、調べた結果

なぜゲーマーはソシャゲを嫌うのか調べてみました。

 

ソシャゲで強い=運、時間、金

いきなり一番書きたかったことを書きますが

結局のところ、これが理由だと思います。

 

ソーシャルゲームで強かったり、実力がある人って結局最終的に

 

『金』『時間』『運』

 

この3つのどれかに長けているかで決まるんですよね。

 

一つ目の『金』

ソーシャルゲームはお金(リアルマネー)を使うことにより、強いカード強いモンスターを早く手に入れることができます。

つまりは課金ですね。

つまりお金をかけてない人よりも時間をかけず、すぐに強くなれるということ。

ゲーマーが頑張って試行錯誤した時間をお金の力でひっくり返しています。

 

二つ目は『時間』

まだこれは許せるゲーマーがいるかもしれませんね。

ソーシャルゲームは時間さえかければ誰でも高得点を叩き出すことができます。

誰でもです。

なので、学生や社会人よりも時間がありあまっている人はやればやるほど高得点を出せます。

ゲーマーが頑張って手に入れたテクニックや戦術を、下手くそなユーザは時間さえかければ誰でもひっくり返しているということ。

ちなみに僕もこれは嫌いです。

 

三つ目は『運』

ソーシャルゲームにはほとんどガチャというものがあります。

これは一つ目の『金』に繋がるかもしれませんが、このガチャという運次第のシステムで強さが左右されます。

ゲーマーが必死こいて戦術やら考えてもガチャで、いいカードを引かなければ意味がありません。

逆に運がいいユーザはすぐに強いカードを手に入れて、そのカードをネットに書かれている『最強デッキ』というのに当てはめて入れるだけ。

それだけでゲーマーには余裕で勝つことができるということ。

結局ソーシャルゲームは強いカードを引かなければ勝てませんし楽しめませんからね。

 

ゲーマーにとってゲームとはスポーツ同様

ゲーマー、特に僕にとってゲームってスポーツと似ているんですよね。

野球で例えてみましょう。

 

野球が、昔から大好きでした。

昔から努力していろいろな戦略を考えて

テクニックを磨き努力してきました。

 

ですが、

『金』の力で筋力がなくても勝手にホームランを打つことができるバットを持っている金持ち……

 

『時間』の力で大した努力や経験もないのに適当に壁投げをしているだけで160キロのストレートを投げれることができる暇人……

 

『運』の力で全く努力していないのに、いきなりプロ野球選手へのスカウトがやってくる家系統に生まれた幸運の持ち主……

 

 

何かを真剣にやってきた人ならわかるかもしれませんが、やるせない気持ちになるでしょう。

自分の経験や知識など、こういったことでひっくり返されてしまうのですから。

 

まとめ

『たかがゲームごときで何言ってんだ?(笑)』と馬鹿に思う人もいるでしょう。

ですが趣味に対する思いは人それぞれです。

スポーツならよくて、ゲームはだめということはありません。

その趣味に、今までなかなかの時間を費やして来た人もいるんです。

 

ゲームとは気軽にやるものだろ…という人もいるでしょう。きっとそういう人にとってはソーシャルゲームは良いものだと思います。大したセンスやテクニックがなくても、上記に書いた3つ、どれかがあれば楽しめますからね。

 

ですが、ゲームが昔から好きでゲームが趣味の人からすれば、ソーシャルゲームはやはりあまり楽しめません。

ゲームにもよりますがほとんどのソーシャルゲームは、運、金、時間に左右されますからね。