The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

同業他社の一流と二流の違い

 
f:id:thebackpack:20170726144037j:image

みなさん、こんにちは。

日焼け後がかゆくてかゆくてたまりません。

本当に次からは必ず…日焼け止めクリーム塗りますよ。

 

同業の会社の一流と二流

以前にお話したこともありましたが

僕は同じ業種の会社を2つ経験しております。

 

一つ目は契約社員でしたが超有名の一流ホワイト企業

二つ目は地方にしかない有名ではあるがそこそこの二流企業

 

この2つを経験しておりますので、比較してみようと思います。

 

制服

まずね、支給されるものが違いました。

何が違うかっていうと、

まずは生地。薄さとか質が違いますね。

着心地が違います。

二流の会社は近くの大手百貨店に作ってもらってるみたいですが、本当に一流とは比べ物になりません。

会社からの支給なのでやはりできるだけコストを下げようとしているんでしょうね。

当たり前なことなのですが、会社のレベルもわかりますね。

 

福利厚生

まぁ、一番の違いと言っても過言ではありませんね。

同じような仕事なんですよ。

してることも。

でもね、本当に福利厚生は月とスッポン。

 

基本給でさえ、一流企業は三割増しぐらいありましたね。若手でそれだけあるんですから年齢が増せばもっと差は出て来るでしょう。

 

休みの数は一流企業は二倍ありましたね。

本当に二流は二流だと確信しました。

休みも多くてお金ももらえる。すごいことです。

 

これは自ずとそうなるのかもしれませんね。

やはり一流企業には余裕を持った人たちが集まります。いや一流企業に就いたから余裕を持てたのかもしれません。

逆に二流企業の人たちは自分のことだけで精一杯。いらいらや不満など当たり散らしてくる人もいます。

福利厚生のせいかもしれませんけどね。

二流の人たちはよく精神論をぶつけてきますね。

 

掃除する人

これもね、すごい違うんですよ。

一流企業は若々しい人たちが笑顔で仕事しています。

でも二流企業では高齢者の方々が苦しそうなしんどそうな顔して仕事してます。

挨拶とかでもこの両者は全然違いますね……

後者はなんて言ってるのかわかんなかったり無視することもありますし……

一流企業だと本当に社員ですらない掃除する人でさえ違うことがわかりました。

 

施設

これも本当に違いますね。

同じ仕事なのに、施設や設備が全然違いますね。

二流は口では『安全のために〜』とか言ってますが、安全施設面ではまだ足りないことが多かったりします。

お客さまからも苦情をもらうことがありますね。

一流企業はやはりお金があるので色々設備を一新してきれいにしています。

それはお客さまが使うものだけではなく、社員が使うものを含めてです。

 

 

まとめ

結局のところ、色々書いてきましたが

やはりこれらの原因となるのは『金』ですね。

金があるかどうかで人の心にまで影響しますし、その会社そのものになると思います。