The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

人命を助ける仕事をしているすべての人が『助けたい』と思って仕事わけじゃない

みなさん、こんにちは。

なんでアラサーぐらいの頭の悪い仕事できない大人って今更英語を勉強したがるのでしょうか?ほぼほぼ手遅れなんですが……

 

人の命を助ける仕事

いろいろな仕事がありますよね。

医者、自衛隊、警察官、消防隊……から始まり

看護師もそうですし介護士さえもそうなんじゃないでしょうか?

 

僕は昔、そういう仕事についている人たちはみんな『人の命を助けたい』という強い気持ちを持ってその仕事に就いていると思っていました。

ですが現在、アラサーぐらいになるとそうではないことが見えてきました。

ただの子供の思い込みでした。

 

いろいろな理由を皆さん持っています。

金がほしい。

安定がほしい。

他に就職先がないから。

 

でもね、こういう理由で働くことが悪いことだとは思いません。それも一つの理由です。

 

やらない善よりやる偽善

 

この言葉にあるとおり、どんな理由があるにしても人の命を救っていることには変わりないのです。

 

この世界にどれだけ就きたい仕事に就いている人がいるのでしょうか?

ふと思ったことなんですが気になりました。

 

僕も希望の職種とは全然違う

僕も芸術大学卒業なので絵の仕事に就きたかったのですが自分の絵の才能のなさに気付き諦めました。

絵の才能とは絵を描き続けられる力です。

僕にはありませんでした。

 

ですがバカなせいで諦めてもずっとモヤモヤすることがあります。

この働いてる時間って無駄なんじゃないのかな?とか

友達と遊んでてもこんなことしてていいのかな?など

夢を持っていた人ならわかるかもしれませんが本当にモヤモヤしています。

今まで夢に向かって努力していたことがほぼほぼ無駄になりますもんね。

 

よく努力は絶対に無駄にはならないと言いますが……

よく聞きますよね

 

努力は絶対に無駄にはならない。

 

僕はこの言葉が嘘ではないですけど

まんまの意味で受け取ると本当に痛い目にあうと思います。

 

野球選手になりたくて十年以上努力したが

結局なれなかった。

その努力がどう無駄にならないのか?

 

それは…

野球をしてて女の子にモテるとか

野球を将来子供と楽しむことができる。

 

こういう意味なんですよ。

なので夢は諦めなければ絶対に叶うなんて

言葉は信用しないほうがいい。

 

この言葉を言っている人は間違いなく夢を叶えた人だけだから。

夢を叶えた人っていうのは努力と才能と運。

この3つが揃って成り立っているのです。