The ばっくぱっく

平成生まれのアラサーです。SONYのα7iiで世界一周するのが夢です。カメラ、ガシェット、漫画、映画好き。

仕事ができる駅員は3種類います!


f:id:thebackpack:20170628064159j:image

カービィが駅員の帽子を被ってるイベントがあったので行ってきました(笑)電車はそこまで好きじゃないですがカービィは好きです。

 

こんにちは。

今月の給与明細を係長に無くされた駅員です。

口座番号とかも書いてるのに…。

 

はい、今回の記事は仕事ができる駅員について書かせてもらいます。

仕事ができる駅員っていうのは3種類いると僕は思います(こなみかん)

 

今まで2社の鉄道会社と数カ所の駅で勤務していて気づいたことです。

少し暴言もありますが許してくださいね(笑)

 

1、普通に仕事ができる人

なんじゃそりゃ(笑)と思われた方もいるかと思いますが、まず一つ目は普通に仕事ができる人です。

この人は鉄道業だけでなく他の仕事をさせても普通にこなせるタイプです。

鉄道会社って転職者も少なくないので、そう見えます。前の職でもバリバリ仕事できていた人は鉄道会社でも普通に仕事ができるといことです。

 

2、旅行が好きな人

二つ目は旅行が好きな人です。

このタイプはいろいろなところに出かけるのが好きで、よく電車に乗っているので知識があります。

そのうえ、旅行が好きな人ってなぜかリア充が多い!

こういう人はコミュニケーション能力にも長けており、上下関係もうまくこなします。

それにいい人が多い。

他の同僚からも好かれて、上司からの評価も高い人が多い。

 

3、鉄オタ

三つ目は鉄オタです。

これは電車が好きで鉄道の知識がずば抜けています。

しかし、この鉄オタの人たち…正直他の人から嫌われている人が多い。

コミュニケーション能力が低く、無駄に知識を押し付けようとする。

その上、鉄道に対してプライドがあるのですごく面倒くさい。

本当に浮いている人が多かったです。(これは本当)

※あと余談ですが、鉄道会社は鉄オタのことを嫌っているので就活とかのときは鉄オタアピールはしないほうがいいかと…

 

【まとめ】

少し暴言も混じりましたが許してください。

本当にこの三種類は間違いないと思います。

でも旅行が好きな人でも鉄オタの人でも仕事できない人も、いますけどね(笑)

コミュニケーション能力もなくて鉄オタなんて最悪なんで、自覚ある人はなおしてください。