The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

イタリア旅行記 その二十六

thebackpack.hatenadiary.com

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会。

それが僕がフィレンツェで行こうと目星をつけていた教会だ。

 

その教会の前で写真を撮っていると、後ろから黒人に話しかけられた。

その時の僕はキャリーケースの荷物も取り出すことができ、すこしテンションが上がっていたのだろう。警戒心が低かった。

 

だが、手に持っていたカメラだけはすぐにカバンの中に突っ込んだ。

英語で「どこから来た?」など聞いたきたが…

もしかしたらスリかもしれない。

一人が正面から話しかけてきて、後ろから仲間がその旅行者の荷物に手を入れスリをする。

こういう話も聞いたことがあったので、僕は愛想笑いしながら、しっかりと荷物を体の前にした。

 

よし!これで盗まれる心配はない!!

と思っていたら……

何か黒人が差し出していた。

僕は何も考えず手を出して受け取っていた。

結論から言うと、この時点でもう終わっていたのだ。商売が成立してしまったのだ。

 

手に受け取ったのは象の置物だ。

インドなどで売られてそうな神様っぽい格好をした象だ。

返そうとしても手に取ってくれない。

ちくしょう。

悔しくてたまらなかったが、何かされてもたまらないので僕はしぶしぶお金を払うことにした。

 

僕は1€を差し出した。

すると黒人が僕の財布を覗き、この札もだ。

みたいな感じで5€を指差した。

 

たっけぇ〜と思いつつ5€を渡すと、さらにその隣にあった10€のお札も指差してきた。

 

僕はケチな方なので、そこで反射的に「NO!!!」と言ってしまった。いや、言ってやったのだ。

すると黒人はしぶしぶ僕から離れていった。

手元には6€で半強制的に買わされた象の置物。

 

その黒人を目で追いかけると、後ろにベンチで腰掛けていたおばあさんにも同じように手を差し出していた。

すると、そのおばあちゃんは手を出すことさえなく首を横に振っていた。

あぁ…あーいうふうにしなくちゃいけなかったんだ…と心の中で思っていた。

 

手には象の置物。

そう言えば暇つぶしのために「夢をかなえるゾウ」という小説を持ってきていたのだった。それもガネーシャという象の神様がどうこうしてくれる話なのだが…

まさか、こんなことってあるんだな……それも教会の前で。

罰が当たればいいのに…と思いつつ、僕はその象の置物をゴミ箱にぶち込んだ。

今思えば、いい思い出として持って変えればよかったのだが、その時の僕はまたイライラを覚えていたのだ。

 

気を持ち直し、教会に入ることにした。


f:id:thebackpack:20170606115531j:image


f:id:thebackpack:20170606115552j:image 


f:id:thebackpack:20170606115616j:image


f:id:thebackpack:20170606115647j:image

 

中は素晴らしかった。

ステンドガラスや、異国の本物の教会に来たという感じがした。今までも何個か教会は周ってきたが、ここは本当にすごかった。

そこで少し心を落ち着かせた。

腹立つこともいろいろあったが…落ち着かせることに専念した。

 

さて、教会を後にすることにした。
f:id:thebackpack:20170606120035j:image

 

この後は、街を一望できるミケランジェロ広場にも行きたかったからだ。

thebackpack.hatenadiary.com