The ばっくぱっく

平成生まれのアラサーです。SONYのα7iiで世界一周するのが夢です。カメラ、ガシェット、漫画、映画好き。

イタリア旅行記 その二十二

thebackpack.hatenadiary.com

ルーブル美術館をあとにした僕は、何も考えてなかった。

何も考えてなかったというか、考えてはいたのだが、ガイドブックが開かずのキャリーケースの中にあるのでどこに行きたいか忘れてしまったのだ。

 

まぁ塔には登りたいや、ミケランジェロ広場に行きたいぐらいは覚えていた。

とにかく地図を見ながら歩き回ることにした。


f:id:thebackpack:20170314160936j:image 


f:id:thebackpack:20170314161205j:image

 

にしてもやはりヨーロッパの街並みは文化を大事にする習慣があるらしく、昔から変わらないのそうだ。なので駐車場などなく路道駐車が多いのだとか…

 

 

鏡っぽいガラスがあったので一枚自分のことを撮っておいた。なにせこのイタリアに来てから本当に数枚しか自分のことを撮っていない。

今見返すとすごい疲れている顔だと思う。

実際かなりの気疲れもしていた。


f:id:thebackpack:20170314161339j:image

 

 

フィレンツェは広場が多かった。いくつもあって名前もあったのだが、正直すべて似たような場所で僕はあまり覚えていない。
f:id:thebackpack:20170314161517j:image

 

協会も多くあった。いくつもあったのだが、全て同じ宗派なのだろうか……そもそも何の宗教なのだろうか?
f:id:thebackpack:20170314161625j:image


f:id:thebackpack:20170314161659j:image

雲ひとつない青空で気持ちが良かった。

歩き回ることに喉が渇くので水を買っては飲んで買っては飲んだ。

おそらくこのイタリア旅行で一番口にしたもので10本のペットボトルは口にした。

 


f:id:thebackpack:20170314161925j:image

 
f:id:thebackpack:20170314161951j:image

 
f:id:thebackpack:20170314162018j:image

 

歩き回ると、僕はルーブル美術館付近に戻ってきていた。

thebackpack.hatenadiary.com