読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

イタリア旅行記 その十


大広場まで戻ってきた僕はあまり時間がないことに気づいた。

今からヴェネチアの駅は全くの反対側なので中々遠い。

もう一度路地裏をうろうろしながら戻ることにした。


f:id:thebackpack:20170104102359j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102205j:image

 


f:id:thebackpack:20170104101956j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102015j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102031j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102053j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102117j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102137j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102223j:image

 

 

 


f:id:thebackpack:20170104102307j:image

 

 


f:id:thebackpack:20170104102239j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102343j:image

 


f:id:thebackpack:20170104102515j:image

 

 
f:id:thebackpack:20170104102604j:image

 

途中で再度コープに寄って、水を購入した。

本当に喉が渇く。

夕方の五時ぐらいの電車なのだが、僕はもう乗り遅れなどの計画が崩れることを恐れ1時間半前には駅に着いた。

 


f:id:thebackpack:20170104102756j:image

 

ここに地べたにそのまま座り、足を休めていた。何か一つだけお土産を買いたいと思い、駅の中にある売店で「ヴェネチア」と英語で書かれているストラップを買った。

 

そして僕はじっと座り、電車を待った。

周りからアジア系の顔をしたカップルの中国語か韓国語が聞こえてくる。

ヴェネチアでアジア系の顔した人は少なからずいたが日本語は全く聞こえてこなかった。

 

そして待つこと一時間以上。やっと僕が乗る電車が到着した。

これに乗ってフィレンツェまで行く。

 


f:id:thebackpack:20170104103107j:image

 

僕は早速乗り込み、指定席の席へ向かった。

中々悪くないが、日本の新幹線には劣る設備だった。

ボックス席になっており、僕の席は窓側。

 

発車し、隣の席にはおばあちゃんが座り

前の席には若い十代の白人の女の子が座った。その女の子がiPhoneを触りながらハンズフリーで電話している。

これはこっちではマナー的には大丈夫なのだろうか?中国か韓国では電車内での通話は普通に大丈夫だときいたことがある。

よくみるとiPhoneの画面が割れていた。

iPhoneの画面の割れは世界共通なのかな?

 

……そんなことを考えているうちに、ウトウトしてしまっていた。

イタリアにきてから二日間で5時間ほどしか寝れていないので、疲れのピークにきたのだろう。

僕は唯一の荷物であるバックパックを両手でスられたり盗まれないようにギュッと握り、目を閉じた。