The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

来年の抱負……

2016年ももう終わりだ。

イタリア旅行記を書いている途中だが

すこし大晦日らしい記事を書くことにしよう。

 

今さきほど、テレビで放送されていたビリギャルをみた。

本になって話題となった、偏差値が最低のギャルが本気で勉強して私大で一番の慶応大学に受かるという話だ。

 

こういうサクセスストーリーは僕の中で何かジンとくるものがある。

僕は昔、漫画家になろうと本気で絵を描いていた時期があったから自分と重ねてしまうのかもしれない。まぁその夢は叶わぬ夢となってしまったのだが……

 

この映画の感想の記事ではないのだが、この映画を見終わった時には涙を流しそうになった……

 

そして一つ自分への疑問文が思い浮かんだ。

 

 

「俺は今まで何かに本気になったことがあったのだろうか?」

 

 

これだ。

本当にこの疑問文が僕の頭の中を記憶を辿りながら駆け巡っている。

 

 

高校一年から十年間ほど、絵を描いていたが結果はでなかった。

はてさて僕は本当に本気で絵に打ち込んでいたのだろうか?

本当に全力だったのか?

真剣だったのだろうか?

 

 

今、これを書いているのだが、なぜか泣きそうになっている。

二十七歳になってしまった。

もう遅いのかな?何か変えることができるのかな?

 

今毎日の過ごし方を振り返ると……

仕事と遊びと休むことしかしていない。

こんなこと誰にでもできることだ。

数年前から絵を書かなくなり、なにか始めないと!と考え…足掻いているが無駄な時間を過ごしているだけなのかもしれない。

 

自分に嫌気がさしてくるとはまさにこのことかもしれない。

 

 

 

……

 

 

………

 

 

 

来年の抱負はたった一つ!

たった一つで十分だ。

 

「何かに全力で打ち込む。」

 

以上……

 

勉強?筋トレ?写真?絵?

いま興味のあることはたくさんあるのだが

この二十七歳にやらなくてはいけないことをやりたい。

 

まず全力で打ち込むことを決めることから始めなければいけない。

 

がんばろう。

 

 

本当に無駄にできない。