The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

イタリア旅行記 その二

〈パリの乗り継ぎの空港についたわけだが……〉

乗り継ぎ時間が1時間半もないのにも関わらず、空港内を移動するバスがとろい。僕はかなり心配になった。

こんなとこで計画が狂ってたまるか!

HISの人間も乗り継ぎできるといっていたからな。大丈夫なはずだ。

しかしついたのはギリギリ。

 

 

空港内でも走ったが……間に合わず!!!

正直この時点でブチ切れそうになった。

僕は計画が狂うのが大嫌いなのだ。

しかし何とか、空港の人とやりとりし一本遅い三時間後のヴェネチア行きの飛行機の航空券をゲットできた。

同じ飛行機の隣の席に座っていた同い年ぐらいの男とその母親も同じような目にあったそうで、空港内で一緒に僕と愚痴を言った。

こんな日本から遠い場所で日本人と愚痴を言い合えるのはどこか楽しい。

だが、息子さんの腕にめちゃくちゃリストカットの跡があったのは少し引いた。

まぁ僕と同い年ぐらいのアラサーの男が母親と二人で海外旅行というのも珍しいと思うが……

 

しかし一安心できなかった。

僕はヴェネチアの空港からホテルまでの送迎を頼んでいたのだ。それも二万円かけて!

 

僕は計画が狂うのも嫌いだがお金を無駄に損することも嫌いなのだ。

 

空港内でスタッフにきいてまわり(片言の英語で)なんとか優しいお兄さんが公衆電話のかけ方を教えてくれて助かった。

あちらの公衆電話はカードのIDを入力するなど日本とは大違いで本当に困った。

公衆電話なんて世界共通だと信じ込んでいた…というのもあるし、国際電話のかけかたも知らなかった。こういう知識も海外旅行に行く際には必要だと改めて気付かされた。

 

その公衆電話でHISの人と連絡をとり、飛行機に乗り遅れてその後の送迎に間に合わないことを伝えると、マニュアル通りの言葉しか帰ってこなかった。

 

「ツアープランではなく個人プランでの旅行ですので、その後の送迎に関してはキャンセル料100%かかります。送迎を頼むのであれば再度申請が必要です」

 

正直HISがここまで何もしてくれないとは思っていなかったというのもあり悔しかった。

大手旅行会社なら何かあった時、どうにかしてくれるだろうという…どこかしら期待があったからだ。

 

しかし、あちらのヴェネチアの空港につくのが夜なわけで初めての海外ということで心配というのもあり、僕は仕方なしに再度二万円払い送迎を頼んだ……

 

そこで三時間ほど、ダラダラして過ごした。空港内はいろいろ店があったが正直少し心身的に疲れていたので何も食べる気にはなれず、ボーッとしていた。

 

パリの空港で一番驚いたのが日本語が全然通じないのはわかるが、英語もあまり通じないということだ。

自分の知識のなさに呆れた。

 

 


f:id:thebackpack:20161230053605j:image
ここで地べたに座って待っていた……なかなかおしゃれである

 


f:id:thebackpack:20161230053251j:image

夕日も沈んでいく。あちらの日が沈むのは夜八時とかなり遅いのだ。計画通り行けば、夕方のヴェネチアを、少し観光できたのだが…