The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

仕事やめるときに「辞めたらだめだぞ!」っていう言葉って………

みなさん、仕事やめるときになんて言われましたか?

 

僕は何種類か言われたことがあります。

①そっかぁ寂しくなるなぁ……

②辞めたらアカンぞ!

③…いくらほしいんだ?言ってみろ。

 

まぁそんな転職活動もないのでこれぐらいですかね……

でもね、やめる会社がブラックかホワイト企業かでかなり違ってくるってことがわかりました。

 

まず①の「そっかぁ寂しくなるなぁ…」

これはホワイト企業の人たちの言葉です。

正直、ホワイト企業の人たちってプライベートと会社をバッサリ分けることができるので、友達でも仲間でもなく同僚としてこの言葉が出てきます。

あと決して辞めることを止めません。

なぜって…自分に余裕があるし他のやつなんてどうでもいいから。

自分のいるホワイト企業がいい会社だと理解しているから。

もう別に一人人間がやめようが問題ないんですよね(笑)

 

 

次に②の「辞めたらアカンぞ」

この記事で一番書きたかったことなんですが

みなさんも辞めることを言った時にこんなことを言われたことはないでしょうか?

ちなみに言ってきた人物はどんな人でしたか?

当ててみましょう。

 

ずばり転職活動も簡単に出来ない年齢で、家族がいたり立場上簡単に見動きできない人間ではなかったですか??

 

まぁ考えるまでもないんですが、

辞めることを止めるひとって、

あなたと違ってもう自分に余裕がないんですよ。年齢や立場など選べる身分ではないわけです。既婚者や子供がいる人は家庭を持っているのでそりゃやめれませんよ。でもねその人と辞める人って違うんですよね。

辞める人=辞めることができる人

そんな辞めることができない立場の人に

「辞めたらダメだぞ」って言われても全然説得力がないですよ。

 

もしあなたの周りに二十代独身の若い人たちがいたらその人たちに相談してみてください。その人たち全員が「辞めたらダメだって!」って言うなら考えてみてもいいかもしれません。

言う人によって考えたらいいと思いますよ。

 

 

最後に③の「…いくらほしいんだ?言ってみろ」

これは僕じゃないんですが僕の同期がブラック企業を辞めるときに一言目に言われた言葉です…

こんな漫画みたいなセリフを言うクソみたいな大人が社会には、いることを聞いて驚きでしたよ。

 

 

 

まとめ

いろいろ書いてきましたが、みなさんがもし仕事を辞めるときにいろいろ言われてもアナタとその人の立場は違うってことをよく念頭に置きながら話してみてください。

まだ自分の仕事を選び直すことができる人もいるってことです。その逆も然り……

 

でも自分の人生を自分と違う立場の人間の意見もちゃんと聞くってーのも大事ですよ(笑)

それを踏まえていろいろ考えるべきですよね。