読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

そうだ!絵を描こう!その一

ブログ初日連投で申し訳ないです。

僕は絵を描きます。自己紹介も兼ねてその経緯も書かせていただきます。

 

あれは中学三年の時……

まだ妹と部屋を共有していた頃毎日勉強とテレビゲームというなんともまぁありきたりな誰でもしてるようなインドア中学生として過ごしていた。

 

たしか夏だったと思う。休日ですることもなくダラダラ過ごしていた。そんな中、妹と共有してた漫画の本棚に妹の少女漫画があった。何気なしにその漫画を読んだ。

 

『………』

 

↑ほんとに感想がコレ。物語に入り込むって言う感覚を初めて感じた!感動して読み終わった後も余韻に浸っていた。

その漫画がコレ!


f:id:thebackpack:20161109141052j:image

やぶうち優先生の少女少年という漫画。トランスセクシャルもの。昔からある男と女の体が入れ替わる的なジャンルの漫画だ。

 

この漫画に感動してしまい、次の日から絵を描き始めた。

………だがやばい。僕は本当に絵が苦手だし嫌いなのだ。どうすればうまい絵が描けるのか頭で考えても理解できない。しかしこのやぶうち優先生の絵を真似しようとしたが、僕の描きたい絵ではなかった。かわいい女の子が書きたいわけではないようだ。僕はドラゴンボールやナルト、ワンピースなどめっちゃ王道の漫画が好きなのだ。それは譲れなかった。

その当時からめちゃ人気だったナルトの模写をしてみた。やはりやばい(笑)下手くそすぎる。

 

しかし僕はへこたれなかった。なぜだろうか……やっとやりたいと思えることに出会えたからだろうか。

 

そこから三年後……

高校三年である。まだへこたれていなかった。毎日ちょっとずつだが下手くそな絵を描いていた。夏頃に僕の学校では指定校推薦つまりテストを受けなくても大学に進学できるシステムがある。なんとそこで僕が抜擢された。しかもK大学。絵を描いていた僕からすればK大学なんて行けないに等しいので悩んだ。ムッちょ悩んだ……まぁ単刀直入にかくと芸大受験を選んだ。若気の至りかもしれないがやって後悔しよう!と思ったのだ。

 

その二に続く