The ばっくぱっく

ざばっくの毎日あがく様をご覧ください。

イタリア旅行記

イタリア旅行記 終

thebackpack.hatenadiary.com 日本に降り立った僕は、このロストバゲージの件でクソ迷惑をかけられたエールフランスに関西国際空港でスタッフの人が破損したキャリーケースの弁償してくれる話があるので空港内のカウンターへ向かった。 周りから日本語がかな…

イタリア旅行記 その三十二

thebackpack.hatenadiary.com 目が覚めたときには、すでに明け方だった。 朝四時頃だ。 ハンバーガーを食べ損ねたことに少し後悔し、帰り支度を始めた。 かえりの飛行機の切符、送迎のチケット、現金やら…… 少しこのイタリア一人旅に物足りなさを感じていた…

イタリア旅行記 その三十一

thebackpack.hatenadiary.com さて、ミケランジェロ広場を後にした僕は土産と、とあるものを探し回るためフィレンツェの街を歩き回った。 土産はロストバゲージのせいで金銭的にあまり余裕がなかったので、スーパーマーケットのお菓子を爆買いしておいた。 …

イタリア旅行記 その三十

thebackpack.hatenadiary.com 歩き続けた、やっとこさミケランジェロ広場に到着した。 人が大勢いて、さすがの観光名所だと感じる。 少しだけ露店があり、また仮面やら販売していた。 こうやって見ると本当に広角レンズを持って行って良かったと思った。 や…

イタリア旅行記 その二十九

thebackpack.hatenadiary.com ヴェッキオ橋を抜けた僕は更に歩き続けた。 ミケランジェロ広場はただの広場ではなく、高台にありフィレンツェの街を一望できる。 僕は歩いた。 歩いて… 歩いて… 登って… またの登って… 登り続けた… ヴェッキオ橋から半時間程だ…

イタリア旅行記 その二十八

thebackpack.hatenadiary.com 塔から降りた僕は、最終目的地であるミケランジェロ広場の手前にある有名箇所 「ヴェッキオ橋」に向かった。 何が有名かよくわかっていないのだが、僕は有名であれば行こうと考えていた。 僕は川沿いを歩いていた。 水はヴェネ…

イタリア旅行記 その二十七

thebackpack.hatenadiary.com 教会から出た僕は、またフィレンツェの街を歩いていた。歩いていると大したことないものでも写真に収めようと思ってしまう。 コインランドリーがあった。 別にどうということはないのだが、中に入る。 ディズニーストアがあった…

イタリア旅行記 その二十六

thebackpack.hatenadiary.com サンタ・マリア・ノヴェッラ教会。 それが僕がフィレンツェで行こうと目星をつけていた教会だ。 その教会の前で写真を撮っていると、後ろから黒人に話しかけられた。 その時の僕はキャリーケースの荷物も取り出すことができ、す…

イタリア旅行記 その二十五

thebackpack.hatenadiary.com 引き続き、フィレンツェの街を歩いていると… 「オニイサン、ニホンジンデスカ?」と片言の日本語で話しかけられた。 どうやらピザ屋の店員で客引きしているようだ。値段を聞くとポテチとピザで5€程だったので頼むことにした。 …

イタリア旅行記 その二十四

thebackpack.hatenadiary.com 塔の最上階から降りてきた僕は、塔の中にあるミュージアムに足を運んだ。足を運んだといっても寄り道をしたようなものだ。 美術館のような感じなのだが正直僕はもう美術館にお腹いっぱいだったのだ。 同じような絵ばかりで飽き…

イタリア旅行記 その二十三

thebackpack.hatenadiary.com ルーブル美術館前の広場に戻ってきた僕は塔に登ることにした。 ルーブル美術館前の広場はなかなか多くの人がいた。 待ち合わせ場所にしている人もいるのだろう。 ルーブル美術館の隣にあった建物から登るのだが、中に入ると大広…

イタリア旅行記 その二十二

thebackpack.hatenadiary.com ルーブル美術館をあとにした僕は、何も考えてなかった。 何も考えてなかったというか、考えてはいたのだが、ガイドブックが開かずのキャリーケースの中にあるのでどこに行きたいか忘れてしまったのだ。 まぁ塔には登りたいや、…

イタリア旅行記 その二十一

thebackpack.hatenadiary.com 朝食をたべ、部屋に戻った僕は早速フィレンツェの街を歩き回る準備をした。 僕はこのホテルの人たちにお世話になっているので、チップを置いていこうと考えた。 ヨーロッパではチップが当たり前の風習となっているそうなので、…

イタリア旅行記 その二十

thebackpack.hatenadiary.com フィレンツェのホテルまで戻った僕に ホテルスタッフさんが話しかけてきた。 なんと!あのロストバゲージしたキャリーケースが届いたのだ!! 嬉しかった。黄色のハードキャリーケースなのだが、僕の手元に届くときにはすごい傷…

イタリア旅行記 その十九

thebackpack.hatenadiary.com 帰りの電車の中、フィレンツェに戻るわけだが一時間半ほど乗りっぱなしだ。 晩飯はどうするか…それを考えていたのだが、どこかも海外旅行ガイドブックに 「美味しい店は現地の人に尋ねろ!」 と読んだことがあった。 なのでフィ…

イタリア旅行記 その十八

thebackpack.hatenadiary.com 道に迷った僕だが、歩き続けた。 と焦ってたのだが、きっちり写真だけは撮っていた。焦っていてもこれだけは譲れなかった。 僕は人に待たされるのは嫌いだが、待たすのはもっと嫌いなのだ。 やっと駅周辺まで戻ってきた。 この…

イタリア旅行記 その十七

thebackpack.hatenadiary.com ガイドさんとの待ち合わせ場所は駅の入り口。またトンネルだった。 トンネルを通り駅のホームまで行くようだ。 本当にジブリやファンタジーの世界のようだった。 待ち合わせ場所に行くと、ガイドさんがすでに待っていた。さすが…

イタリア旅行記 その十六

thebackpack.hatenadiary.com 何か口にしたいと思い、先程歩き回っていたときに目についた、海鮮の揚げ物屋に行くことにした。 僕はこういった屋台で売られているような食べ物が好きなのだ。 1€が130円くらいのレートだったので、正直言ってそこまで安くはな…

イタリア旅行記 その十五

thebackpack.hatenadiary.com マナローラの街並みを探索すべく、歩き回った。ほとんどが路地裏のような細い通路でできており、冒険心をくすぐられた。 路地裏のような道を歩いていくと村の一番端っこにある広場に出た。なんとまぁ、入り組んだ道だったので秘…

イタリア旅行記 その十四

thebackpack.hatenadiary.com マナローラに降りた僕は人の多さに驚いた。こんな田舎になかなかの人が集まっている。 海水浴している人も多くおり、岩場にシートを引いて日光浴している人がここにもいた。 そもそもここはそういう海水浴目的でくる近所の人が…

イタリア旅行記 その十三

thebackpack.hatenadiary.com 書き忘れていたが、このツアーは夕方まで三つの村を周る。チンクエ・テッレとは五つの村からなる名前なのだ。 一つ目「リオマッジョーレ」 二つ目「マナローラ」 三つ目「ヴェルナッツァ」 この順番で周る予定だ。 といっても僕…

イタリア旅行記 その十二

thebackpack.hatenadiary.com 目が覚めた。 先に言っておこう。僕は自分の部屋以外の場所ではあまりぐっすり寝ることができないのだ。 朝の3時ぐらいだったと思う。 目が覚めてしまった。 電車の中で1時間半ほど寝たので、仕方ない。 まだ外は暗い。 するこ…

イタリア旅行記 その十一

thebackpack.hatenadiary.com ハッと目が覚めた。 電車の中で寝ていた僕は誰かに肩を叩かれて驚き目を覚ました。 そこには金髪の駅員の姿をしたポッチャリウーマンがいた。 おそらく車掌だろう。 瞬時に、乗車券か特急券を見せろという意味だと理解したので…

イタリア旅行記 その十

thebackpack.hatenadiary.com 大広場まで戻ってきた僕はあまり時間がないことに気づいた。 今からヴェネチアの駅は全くの反対側なので中々遠い。 もう一度路地裏をうろうろしながら戻ることにした。 途中で再度コープに寄って、水を購入した。 本当に喉が渇…

イタリア旅行記 その九

thebackpack.hatenadiary.com Eさんと別れた後。 正直言うと、少し寂しくなった。 しかしそれからすることは決まっていた。 それは…… 「ヴェネチアの街を適当に歩き回る!」 これだけだ。どこにいくとか決めずにただ歩き回る。地図を見ずに。 ヴェネチアの街…

イタリア旅行記 その八

thebackpack.hatenadiary.com フルーツとジェラートだけしか食べてないので、なにか食べたいと思い 僕はこのイタリア旅行に行く前に事前に調べておいたトリップアドバイザーで人気のあるクレープ屋に行こうと提案した。 cosetaという店だったと思う。 大きい…

イタリア旅行記 その七

thebackpack.hatenadiary.com 展望台から降りた僕達は次に何をするか決めてなかった。 僕がこのイタリアに来た理由の一つにヴェネチアの街並みを歩くというのがあったのでEさんはそれに付き合ってくれた。 〈本当に素晴らしい街並み〉 本当に歩いていて芸術…

イタリア旅行記 その六

thebackpack.hatenadiary.com 水上バスを降りると、ヴェネチアで一番大きな広場についた。 協会や鐘楼がある大きな広場だ。 僕らは早速、鐘楼展望台へ向かった。 下でチケットを買ってエレベータで登る。 日本と変わらない。 鐘楼展望台の入り口で撮った、目…

イタリア旅行記 その五

thebackpack.hatenadiary.com ヴェネチアのホテルで天使さんと会えてから、すごい安心感があった。 その人はよく海外旅行をしているバックパッカーだそうで、今日がヴェネチアに3日目だそうだ。 僕の心はすでに折られかけており、誰かにすがり頼りたい気持ち…

イタリア旅行記 その四

thebackpack.hatenadiary.com 一睡もできずまま、二日目を迎えた。 二日目は計画通り、ヴェネチアを歩き回る。 しかし僕の姿は日本の家からの姿のまま、上はポケモンのTシャツ、下はアディダスのジャージだ。 こんなラフな格好でおしゃれなヴェネチアの街を…

イタリア旅行記 その三

thebackpack.hatenadiary.com やっとこさ、三時間ボーッとして乗り継ぎの飛行機がきた。もうその時には疲れていてはしゃぐ元気もなく、参っていた。 なにせ、映画に夢中で日本から一時間ほどしか睡眠をとっていない。 乗り継ぎの便は一時間半ほど…… 夜の景色…

イタリア旅行記 その二

thebackpack.hatenadiary.com 〈パリの乗り継ぎの空港についたわけだが……〉 乗り継ぎ時間が1時間半もないのにも関わらず、空港内を移動するバスがとろい。 僕はかなり心配になった。 こんなとこで計画が狂ってたまるか! HISの人間も乗り継ぎできるといって…

イタリア旅行記 その一

前の記事thebackpack.hatenadiary.com 〈いざ!関西空港へ!〉 2016年9月半ば、大阪南部に住んでる僕は朝早く目が覚めた。 まぁ一人海外旅行なんて初めてだしテンションあがってたのは言うまでもない。 荷物の準備は前日完璧にしておいたので、出発まで時間…

イタリア旅行記 準備

三ヶ月前にイタリア行ったんで記事にします。 〈行こうと思った理由〉 二十代後半になり、今までしたことのないことに一人でチャレンジしてみたい!という誰でも思いつきそうな理由です。 それに僕は海外の景色がめちゃすきなんです。よく本屋で世界の絶景な…